スポンサードリンク

2010年08月11日

知っとこ スピングルムーブ

この記事をTweet It!
テレビの知っとこで、スピングルムーブが紹介されたこともあって、
国産のスニーカーブランドのスピングルムーブ(スピングルムーヴ)が人気ですね。

スピングルムーヴの特徴としては、

まず、手作りによるクオリティの高さです。
そして、日本製であることの最大のメリットとして、
日本人の足に最もフィットするように設計されていることは大事ですね。
外観はクラッシックな感じでGOODです。
外観だけでなく、履きこごちも良いですね。
この履き心地の良さは、数々のこだわりがあるためです。


一見細身に見えるスピングルですが、実際に履いてみると、
横幅もそんなに狭くなく、アッパーの素材の良さとあいまって最適なフィット感があります。
甲の靴紐で自由に調節可能なので、土踏まず部分を少しシェイプすることで足と靴との一体感がでます。
日本人の踵は欧米人に比べ、やや小さめなのは知ってますか?
スピングルムーブでは、ヒール部分を少し小さめに設計してあります。
更にヒールカウンター(踵を安定させる半月型の芯)は、
加熱により立体設計されたホットメルトタイプを採用していますが、
それにより足の踵と靴の踵部分との一体感が更に高まり、
踵がカポカポ抜けにくくなり靴擦れ防止にもなっています。
中敷には天然ラテックスラバーを採用しています。
中足骨および土踏まず部分にパッドを設け、
足裏の立体感を実現しています。
足アタリをソフトにして、足を優しく包み込み、
足の負担を軽減してくれます。
革靴作りの技法を用いて作られるアッパーには、
クオリティの高い国産のキャンバス地や厳選された皮革のみを使用。
またその素材を最先端の加工技術でアーティスティックに表現したラインナップが数多くあります。
伝統技法バルカナイズ製法で作られるスピングルムーヴフットウエアの特徴でもあります。
天然ゴムと硫黄を混ぜ加熱することにより得られる弾性・耐久性・グリップ力は、しなやかな歩行を促しています。
アウトソールを巻き上げたスピングルの代表的モデルでは、
この微妙な丸みを帯びた巻上げを、手作業で行っています。
機械では絶対に出来ないこの作業を、熟練の職人さんたちが歪みなく張っていくんですね。
さすがです。




【知っとこ スピングルムーブの最新記事】
posted by スピングルムーブ at 15:12 | TrackBack(0) | 知っとこ スピングルムーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
スピングルムーブ」の先頭へ
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。